分子整合栄養医学について

  • 理念
    多くの疾患は体内の分子が本来あるべき正常な状態でなくなることと考え、分子を正常化するために不足している栄養素を至適量補給することによって自然治癒力を高め、病態改善が得られる。

    ライナス・ポーリング博士

※至適量 個人個人に合わせた栄養量のことです。

  • KYBクラブとは?
    “自分の健康は自分で守る”という健康自主管理運動を実践するメンバーの集まりです。

病気を治すには、身体の機能として備わっている生体恒常性(ホメオスターシス)を生かす自然治癒力が最も大切です。アメリカでは、1958年にライナス・ポーリング博士をはじめとする多くの生命科学者(分子生物学者)が「病気は身体に備わっているすばらしい調整力によって治るのだから、医師や薬はその手助けに過ぎない。その方法を見直すべきだ。」と医師達に訴えて、大きな反響を呼びました。さらに、一般大衆に向け、「病気は自然治癒力で治るのだから、その力が備わったあなた自身の身体をもっと知りましょう。」と呼びかけました。その呼びかけが、やがてアメリカ市民の間に拡がり、KYB(Know Your Body)運動となりました。各地で医師や生命科学者を招いて勉強会を開き、文字どおり「自らの身体のことを知り」始めたのです。この運動がKYBクラブの始まりです。(株)分子栄養学研究所所長である金子雅俊は、1980年頃ライナス・ポーリング博士の提唱する分子整合栄養医学に傾倒し、以後、日本においてその啓発と指導を精力的に取組んでまいりました。これが日本のKYBクラブの活動となり、最近では、医師の間にも賛同者が増え、その指導にもあたっています。